お知らせ/イベント

琳派400 年記念/時雨殿企画展 併催イベント 「琳派とものづくり~京都企業に息づく琳派・ものづくりのルーツを探る~」

京都商工会議所 工芸産業振興特別委員会 京都美風シンポジウム 琳派紀行 (5)
琳派400 年記念/時雨殿企画展 併催イベント

紫陽花牡丹 神坂雪佳画 大正11 年(1922) 株式会社川島織物セルコン蔵

2015 年は「琳派」の祖である本阿弥光悦が徳川家康より鷹峰の領地を拝領した1615 年から400 年にあたります。国内外を問わず、今なお、多くの人を魅了してやまない「琳派」作品からは、日本人の美意識が伺えます。
今回は、小倉百人一首殿堂「時雨殿」にて開催する琳派400 年記念企画展に併せて、同企画展に出品される琳派作品の所蔵企業の関係者などから、琳派作家との関わりやものづくりとデザインとの関係性などについて、お話しいただきます。多くの方のご参加をお待ちしております。

日時・場所・参加方法

日時平成27年9月2日(水) 14:00~16:00
会場小倉百人一首殿堂「時雨殿」 2F「大広間」(右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11)
定員100 名(定員になり次第締め切ります)
内容第1部 基調講演 『ものづくりと琳派~その創造性とデザイン~(仮)』
講師 榊原吉郎氏(京都市立芸術大学 名誉教授)

第2部 パネルディスカッション
『琳派とものづくり~京都企業に息づく琳派・ものづくりのルーツを探る~』
お申込み事前申込制・入場無料※時雨殿入館料(500→400 円に割引)が必要です
お申し込みはこちらから

案内チラシダウンロード

このページの先頭へ