お知らせ/イベント

【琳派400年記念企画展】京都企業に息づく琳派・ものづくりのルーツを探る

会期:平成27年8月25日(火)~9月27日(日)

京都企業の伝統と革新を支える琳派の創造性とデザイン

平成27 年(2015)は、本阿弥光悦(1558 ~ 1637)が京都の鷹峯に「光悦村」を拓いてから400 年の記念の年に当たります。江戸時代に花開いた琳派とそのデザインは、京都の伝統工芸や文化、庶民の日常生活に大きな影響を与え、今もなお多くの人々を魅了しています。

この度、琳派400 年記念事業の一環として、京都商工会議所の会員企業が所蔵している琳派関係の美術品や繊維・染織、工芸などの作品を、小倉百人一首殿堂「時雨殿」において展示することになりました。京都企業の伝統と革新を支える琳派の創造性やデザインの数々を是非ご覧ください。

草花図 神坂雪佳画 明治末期~大正時代 株式会社千總蔵

案内チラシダウンロード

このページの先頭へ