お知らせ/イベント

吉海館長の百人一首入門講座【2015年3月までのスケジュールが決定しました】

講座の特徴

100首全てを解説する連続講座!!

百人一首の専門家で、時雨殿の館長である吉海直人先生(同志社女子大学教授)による百人一首の連続講座です。100首の歌を分かりやすく解説。「百人一首をこれから学びたい」「100首の歌と100人の歌人をゆっくりじっくり学びたい」という方にぴったりの講座です。

年間講座予定

※講座内容は変更の可能性があります。

第30回
10/19(日)
59 やすらはで 寝なましものを さ夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな(赤染衛門)
60 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立(小式部内侍)
第31回
11/29(土)
61 いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな(伊勢大輔)
62 夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ(清少納言)
第32回
12/21(日)
63 今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな(左京大夫道雅)
64 朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木(権中納言定頼)
第33回
1/24(土)
65 恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋にくちなむ 名こそ惜しけれ(相模)
66 もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし(前大僧正行尊)
第34回
2/15(日)
67 春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ(周防内侍)
68 心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな(三条院)
第35回
3/15(日)
69 あらし吹く み室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり(能因法師)
70 さびしさに 宿をたち出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ(良暹法師)

日時・場所・参加方法

時間 14:00~15:00
場所 時雨殿 2階 大広間
定員 100名限定(先着順)
受講料 無料(時雨殿への入館料(高校生以上500円・小中学生300円)が必要です)
テキスト 吉海直人監修『こんなに面白かった「百人一首」』(PHP文庫)660円
お申込方法 FAX、メール、または下記の申し込みフォームよりお申込下さい。
受講証は発行しませんので当日2階受付に直接お越しください。
テキストは1階ミュージアムショップでも販売しております。受講前に必ずご購入ください。

1講座ご受講につき1ポイント贈呈。
5ポイントごとに、時雨殿オリジナル記念品をプレゼント!

案内チラシダウンロード

このページの先頭へ