お知らせ/イベント

第23回文化講演会(12/8開催 養老孟司先生) 【満席】 ※受付は終了しました。

~百人一首に学ぶもの~ 古典に学ぶ、古典を活かす

嵐山・渡月橋近くの小倉百人一首殿堂「時雨殿」では、各界でご活躍の先生方を招き、月替わりで文化講演会を開催しています。
今回は、解剖学者で、『バカの壁』などの多数のベストセラーの著者である養老孟司先生をお招きし、「百人一首、ひいては広く古典文学から何を学び、それをどう活かしていけばよいか?」について、日本人と日本文化を含めた大きな視点からお話しいただきます。

講師:養老孟司(ようろう たけし)

講師

東京大学名誉教授・解剖学者。昭和12年11月11日、神奈川県生まれ。昭和37年東京大学医学部卒業。昭和56年東京大学医学部教授就任、平成元年著書『からだの見方』(筑摩書房)でサントリー学芸賞を受賞。平成7年に東京大学を退官し、翌8年から15年まで北里大学教授。『唯脳論』『バカの壁』など多数の著書があり、脳科学者の立場から人間社会の様々な事象を脳の機能や仕組みと結びつけて評論している。『バカの壁』(新潮社)は、平成15年のベストセラー第1位になり、同年度の毎日出版文化賞特別賞と流行語大賞を受賞。その他、テレビ出演や講演会など幅広く活躍している。京都国際マンガミュージアム館長。

日時・場所・参加方法

日時12月8日(日) 午後14:00~15:00
会場小倉百人一首殿堂「時雨殿」2階大広間
講師養老孟司(ようろう たけし)京都国際マンガミュージアム館長
参加費無料
※但し、時雨殿の入館料は別途必要。(高校生以上500円、小中学生300円)
お申し込み方法満席の為、受付は終了しました。
問い合わせ先公益財団法人小倉百人一首文化財団・時雨殿
〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
TEL:075-882-1111 FAX:075-882-1103 メール:ogura@kyo.or.jp

案内チラシダウンロード

このページの先頭へ