お知らせ/イベント

第22回文化講演会(11/24開催 上村淳之先生)【残席わずか】

~日本文化の原点にあるもの~「万葉に詠まれた世界を描く」

「絵画は作家の胸中に熟成された世界を具現化するもの。百人一首に詠まれた作者の心境を知り、その空間に浸って表現できれば...」と語る上村画伯。この度、百人一首をテーマに、一首一首を扇面に描き、それを時雨殿に展示していただくこととなりました。
百人一首のそれぞれの歌の中に何を見出し、どのように表現するのか―今回の文化講演会で日本文化の原点としての百人一首についてお話しいただきます。

講師:上村淳之(うえむら あつし)

講師

1933年(昭和8年)上村松篁の子として京都に生まれる。父同様、花鳥画を描く。上村松園は祖母で、親子三代続いての芸術院会員。松園、松篁、淳之三代の作品を展示する松伯美術館の館長も務める。日本芸術院会員。本名・淳(あつし)。元京都市立美術大学教授・副学長 京都市立美術大学名誉教授。京都府文化賞特別功労賞・京都市特別功労賞を受賞。

日時・場所・参加方法

日時11月24日(日) 午後14:00~15:00
会場小倉百人一首殿堂「時雨殿」2階大広間
講師上村淳之(うえむら あつし)
参加費無料
※但し、時雨殿の入館料は別途必要。(高校生以上500円、小中学生300円)
お申し込み方法FAX、メール、郵送、または下記フォームよりお申込み下さい。
参加証はお送りしませんので、当日、直接会場にお越しください。
問い合わせ先公益財団法人小倉百人一首文化財団・時雨殿
〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
TEL:075-882-1111 FAX:075-882-1103 メール:ogura@kyo.or.jp

案内チラシダウンロード

申し込みフォーム

小倉百人一首殿堂 時雨殿 第22回文化講演会(11/24開催 上村淳之先生) お申し込み
講演会名必須

※半角英数 入力例:123-4567

入力例:0312345678

入力例:0312345678


※臨時休講など緊急の場合、昼間にご連絡します

緊急連絡先電話番号の種別

このページの先頭へ