小倉百人一首の全首を見る

歌番号 98

戻る

従二位家隆

じゅにいいえたか  
従二位家隆

藤原家隆 (1158-1237) 父は光隆。藤原俊成に和歌を学び、定家らとともに『新古今集』を撰した。

Junni Ietaka 

Fujiwara-no-Ietaka (1158-1237)He was the son of Mitsutaka. Learning waka from Fujiwara-no-Shunzei, he compiled the Shinkokinshu waka collection together with Teika and others.

上の句

かぜそよぐ
風そよぐ
ならのをがはの
ならの小川の
ゆふぐれは
夕暮れは

下の句

みそぎぞなつの  
みそぎぞ夏の  
しるしなりける  
しるしなりける  
部立
四季(夏) 
出典
新勅撰集 
主題
秋の気配が感じられる、夏の終わりの夕暮れの情感 
歌意

楢の葉を揺らすそよ風が吹き、夕暮れは秋のように涼しい。しかし、上賀茂神社の境内を流れる御手洗川で行われるみそぎの光景を見ると、やはりまだ夏なのだなあ。

The breeze gently plays with the oak leaves, making the nights cool as autumn. Still, when I see the pilgrims purifying themselves in the stream flowing from the Kamigamo Shrine, I realize that summer has not yet left us.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ