小倉百人一首の全首を見る

歌番号 45

戻る

謙徳公

けんとくこう  
謙徳公

藤原伊尹「これまさ」とも。 (924-972) 貞信公の孫。能書家で三蹟の一人である行成の祖父。

Kentokuko

Fujiwara-no-Koretada (924-972 C.E.)Also known as “Koremasa,” he was the grandchild of Teishinko, and the grandfather of Yukinari, one of the three great calligraphy masters of the time.

上の句

あはれとも
あはれとも
いふべきひとは
いふべき人は
おもほえで
思ほえで

下の句

みのいたづらに  
身のいたづらに  
なりぬべきかな  
なりぬべきかな  
部立
恋 
出典
拾遺集 
主題
女に捨てられた男の、孤独な弱い心 
歌意

私のことをかわいそうだと悲しんでくれそうな人が思い浮かばなくて、きっと私は一人恋焦がれて、むなしく死んでいくのにちがいないのだろうなあ。

I know of no one who would pity me in my bleak circumstances. I am afraid that I am fated to die feeling empty, with nothing but unrequited passion.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ