小倉百人一首の全首を見る

歌番号 14

戻る

河原左大臣

かわらのさだいじん  
河原左大臣

源融 (822-895) 嵯峨天皇の皇子。賀茂川西岸に広大な邸宅・河原院を造営。光源氏のモデルとも。

Kawara-no-Sadaijin

Minamoto-no-Toru (822-895 C.E.)Son of Emperor Saga, he is known to have built a massive estate, the Kawara-no-in, on the west bank of the Kamo River. Some believe that the character of Hikaru Genji is based on his life.

上の句

みちのくの
陸奥の
しのぶもぢずり
しのぶもぢずり
たれゆゑに
誰ゆゑに

下の句

みだれそめにし  
乱れそめにし  
われならなくに  
われならなくに  
部立
恋 
出典
古今集 
主題
相手のために乱れてしまった心の強い高ぶり 
歌意

陸奥のしのぶもじずりの乱れ模様のように、私の心は忍ぶ恋のために乱れています。このように乱れはじめたのは誰のせいでしょうか。私ではなくて皆あなたのせいなのですよ。

Like the wild-looking dye patterns of Mutsu, my heart is in complete chaos. Is this chaos my fault? No, this is entirely your fault.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ