企画展のご案内

企画展「百人一首 歌仙絵の世界」

会期:平成28年3月29日(火)~6月19日(日)

和歌と絵画が織りなす美的空間-歌仙絵の世界-

百人一首のかるたや画帖、手鑑などには、「歌仙絵」と呼ばれる歌人の画像が描かれています。歌仙とは優れた歌人のことで、『古今集』の真名序に柿本人麻呂と山部赤人を「和歌の仙」と表現しているのが最初とされ、のちに六歌仙や三十六歌仙などの歌仙絵が作られました。江戸時代に誕生した百人一首のかるたや画帖に描かれた歌仙絵は、和歌と調和しながら画面を美しく彩るとともに、絵師や制作年代を考えるヒントが隠されていることもあり、学術的にも重要な意味を持っています。
今回は、現存最古の百人一首かるたとされる「道勝法親王筆 百人一首かるた」(兵庫・滴翠美術館蔵)を中心に、江戸時代に描かれたさまざまな百人一首の歌仙絵を取り上げ、その華麗で豊かな世界をご紹介します。

道勝法親王筆 百人一首かるた 江戸時代兵庫・滴翠美術館蔵

案内チラシダウンロード

このページの先頭へ