企画展のご案内

企画展「宝塚歌劇と百人一首~時代を超えて愛される二つの世界~」

会期:平成28年9月27日(火)~12月25日(日)


時代を超えて愛される二つの世界

平成26年(2014)に初公演から100周年を迎え、多くの人々を魅了し続ける宝塚歌劇。その宝塚歌劇の歴史をたどると、百人一首とのつながりを見出すことができます。 宝塚少女歌劇を創設した小林一三(1873~1957)は、幼い少女たちの芸名を、日本の家庭で古くからなじみのある百人一首から決めるよう提案しました。よく知られた芸名の一つである「天津乙女」は、「天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ」(僧正遍昭)から小林一三が命名したものです。
また、特に大正から昭和初期にかけて、在原業平や小野小町、紫式部など百人一首の歌人を主人公とした演目も上演されています。 今回は、宝塚歌劇と百人一首との強い関わりをはじめ、現在の宝塚歌劇の華麗な世界をご紹介いたします。

1946年『春の踊り』天津乙女

写真撮影スポット

タカラジェンヌ気分を味わえる大階段の写真撮影スポットが時雨殿に登場。体験用の背負い羽をつけ、
シャンシャンを持って写真撮影していただけます(無料)。※写真はイメージです。

  • 写真撮影スポット(イメージ)写真撮影スポット(イメージ)
  • 体験用背負い羽根体験用背負い羽根
  • 体験用シャンシャン体験用シャンシャン

案内チラシダウンロード

企画展「宝塚歌劇と百人一首」関連イベント 野々すみ花スペシャルトークショー

このページの先頭へ